葉酸サプリはいつから飲むのが良いか

妊婦が葉酸を必要とする事は知られてきており、厚生労働省の促進もあって手軽な葉酸サプリを飲む方が増えてきています。

ただ妊娠前からや、出産後も飲む方もいます。

一体葉酸サプリは、いつ飲むのが効果的なのでしょうか。

厚生労働省は、胎児の先天性異常の発症リスクを抑えるために妊娠初期に、食事からの葉酸に加え、葉酸サプリをとることを推奨しています。

サプリが推奨されているのは、食事だけでは妊娠初期に必要な葉酸を確保するのが難しいためです。

葉酸がもっとも必要になるのが、この妊娠初期で、だいたい妊娠1ヶ月?3ヶ月ぐらいの間を指します。

この期間に葉酸サプリなどを飲む必要があります。

しかし妊娠がすぐにわかるとは限りません。

現代では、結婚しても共働きの夫婦が増えているので、定期的に病院の診察を受けることも難しい場合があります。

そういった時のために、妊娠が発覚する前であっても、妊娠に備えて日頃から葉酸をとっておく必要もあるということです。

また妊娠の1カ月?2ヶ月前に葉酸をとることで、自閉症などの先天性異常も予防できると言われています。

いつ飲むかというのは難しいですが、妊娠初期のみは食事からと葉酸サプリの両方を取る必要がありますが、妊娠発覚前であれば、食事を少し気をつけるかサプリを飲んでしまうのが良いでしょう。

また妊娠後期から授乳期にも葉酸をとることで、産後うつの予防や子宮の機能回復、母乳への影響も指摘されています。

妊娠初期よりかは必要量は減りますので、この場合も食事を気をつけるか葉酸サプリで賄うようにします。

葉酸サプリをいつ飲むのが良いのかというのは、妊娠初期だけではなく、妊娠中期から後期、そして授乳期にも必要に応じて取ることが良いでしょう。